マクロビオティックの調理

マクロビオティックの調理

 調理は、私たちの活動において重要な要素の一つです。また調理は、マクロビオティックの生活のなかでも中心的な位置を占めていますので、その基本を学んで、調理を楽しむことをお勧めします。ホールフードにはさまざまな利点があるとして、近年、栄養学会でもその動きが注目されています。また、栄養バランスの維持や現代社会でよく見られる生活習慣病などの予防にも、植物性をベースにした伝統的な食事が最も合っているという認識を学会は表明しています。

 しかし、調理に関してはほとんど進んでいないというのが実情ですので、私たちはその間隙を埋める手助けをしたいと考えています。健康に良い食べ方を始めるにあたって、各食物の適切な割合や品質に気を配ることはとても重要なことです。そしてこれと同じくらい重要なのが、調理の仕方と食べ方です。たとえどんなに食物が良くても、それらが適切に調理されていなかったり、食べられていなかったら、その食物が持っている養分の多くは吸収できません。

 伝統的な食文化にとって、調理は常に不可欠な存在であり、食材の取り扱い全般にわたって健康面に注意が払われてきました。栄養学では、この点に関しての評価は一切されておらず、検査もされてきませんでした。そのため、適切な調理の重要性は十分に理解されておらず、こんにちではほとんど認識されていません。その一方で伝統的な食文化は失われつつあり、その生産方法、取り扱い方、調理法などの貴重な遺産は、若い世代や未来の世代へと伝わっていないのが実情です。

私たちは、

あなたの調理技術が上達するように

丁寧に指導していきます

 私たちは、あなたの調理技術を上達させるための援助を惜しみません。調理には基本的な技術が必要であり、これは練習によってのみ取得することができます。私たちの主たるコースであるマクロビオティック・ウェイ・プログラムは、調理の全過程をとおして、あなたをガイドしていけるように工夫されています。あなたの調理技術の上達を援助するために、このハンズオン(hands on:参加)型のアプローチは、健康によい食材の選択方法から取り扱い方、慎重な調理、味見、盛り付けや給餌など、基本中の基本から始っています。

マクロビオティックの調理は、難しいものではありません。

誰でも始めることができる調理法です

 マクロビオティックの調理は難しいものではなく、誰でも始められるものです。どんなに素晴らしい料理人でも初めてキッチンに立ったときは、調理の仕方をまったく知らなかったということを忘れないでください。指導、練習、繰り返し、そして努力をとおして、料理上手になるための技術を身に付けていくのです。すでに調理の仕方を知っている人にとっても価値があります。それは、通常見落としてしますような細部にわたって注意を払うからです。そして生活のなかで私たちが最も重要だと考えているのは、そういった細かい部分なのです。

マクロビオティックの調理に限界はありません。

すべては、あなたの能力と熱意次第です

BrownRice Risotto with Balsamic Reduction and Wild Greens
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo10
photo11
photo12
photo13

 一旦マクロビオティックの基本を学んでしまえば、身につけた自分の調理法は、興味のある方向へと無限に上達させていくことができます。マクロビオティックの調理法の可能性は無限であり、日々のシンプルな料理から、時間的な制限がある人のためのクイック料理、家族の定番料理、人気がある現代の料理やスウィーツの健康志向版、地域の料理や伝統的な料理のバリエーション、インターナショナル料理のアレンジ、食材や調理法でのフュージョン(融合)、レストランやカフェでサーブされているような洗練された切り方や盛り付け方、そしてあなた独自の調理にまで及びます。マクロビオティックの調理に限界はありません。すべては、あなたの能力と熱意にかかってくるのです。

 調理は、ひとつの芸術であると解釈することもできます。そしていかなる芸術にも通じるように、オリジナリティ(独自性)と創造力が必要となってきます。料理が美味しくて満足でき、綺麗に盛り付けられているという理由のほかに、健康にも良いという理由で鍵となってくるのは、品質とバランス感覚の維持です。マクロビオティックの調理はいつでも始められますが、調理技術に磨きがかかってくると、さらに学ぶことが見えるようになり、新たな方法が見つかるようにもなるので、調理という芸術をマスターすることは生涯にわたる取り組みとなっていきます。マクロビオティック・スクール・ジャパンでは、健全な素材を用い、目新しくそして美味しく調理する方法やより健康で環境に優しい手法でその芸術性を上達させられる色々なワークショップを用意しています。 

 マクロビオティックの調理には、もうひとつユニークな点があります。マクロビオティックでは、食物を物質的および栄養的な面だけでなく、エネルギーの観点からも見るというホリスティック(全体観的)なアプローチをしています。それぞれの食材は特定のエネルギー特性を持っていますが、あなたの調理によって自分の思い通りにその特性を変えることができるのです。

キッチンで陰陽を使うのは、あなたが生まれつき持っているバランス感覚を取り戻して自分の調理に積極的に反映させるためなのです

 これを達成させる方法のひとつとしては、食材選びや調理において、伝統的な東洋の原理である陰(拡散・冷却作用)と陽(凝縮・加熱作用)を使う方法です。キッチンで陰陽を使うのは、生まれつき持っているバランス感覚を取り戻して、あなたの調理に意欲的に反映させるためなのです。

 陰陽は、季節の変化や気候の違いなど環境に調和させたり、それぞれの環境に合った料理や食事をつくるためのツールとなってくれます。また、あなたの体調を改善し、あなた自身の必要性やライフスタイルにあなたの食べ方を合わせていくたすけにもなります。キッチンで陰陽を使うと、健康状態が良くなり、全体的なバランスが保てるようになるので、心からの幸福感や活力の回復が得られるようになります。

03a_Level2_06.png

 バランスのとれたマクロビオティックの調理法に、調整や特別な調理法を加えることにより、健康の回復に特化したバリエーションが作れます。こうした調理法は、食物についての深い理解がベースとなっており、五行(エネルギー変化の5つのステージ)というさらに詳細な陰陽理論を使います。

健康と平和は、私たちの食物が育てられる田畑や裏庭から、そしてその食物が調理されるキッチンから始まります

 マクロビオティックの調理法や食べ方に加えられる変更には、特定の食物の使用、食物の組み合わせ方、特別の料理や飲み物をつくるための特殊な調理法などがあります。これらの調理法は、特別メニューをつくるときや食べ方に変更を加えるときにも使えますが、これらは皆、体内のエネルギーを改善して、さまざまな不調に対処するためや、特定の臓器や臓器系統の機能を高めるためのものです。

ナチュラルな食材によるバランスのとれた日々の食事は、最高の予防医学です

 食物や調理によるこのユニークなアプローチには、多くの症状や慢性の不調を和らげ、また予防するための応用法も色々とありますが、これらはマクロビオティック・ウェイ・プログラムでも紹介し、詳しく説明しています。このアプローチは、健康改善に使うという伝統的な考え方をベースとしていますが、キッチンで、私たちの健康を簡単にそして効果的に手に入れることができるという便利なツールなのです。また、マクロビオティックの食事法やライフスタイルを、ほかのセラピーや治療法と併用して良い結果を出したいと考えている人にも有効です。