中級コース(レベル2)

THE MACROBIOTIC WAY PROGRAM
マクロビオティック・ウェイ・プログラム
中級コース(レベル2)

コースの目標

  • マクロビオティックの食事が健康維持や疾病予防に有効であるという科学的な証拠を検証する

  • 食材を上手につかう知識を学び、健康に役立つ調理の方法を取得する

  • 陰陽のものさしを使って健康の増進をはかる術を探究する

  • 臓器の役割を知り、健康を保つ方法を学ぶ

  • 身体をめぐるエネルギーと健康と病気の関連性を理解する

  • 感情コントロールの仕方を学び、気分の上がり下がりを安定させる方法を知る

  • 自己マッサージやストレッチによって身体的にも精神的にもリラックスし、健康を保つ

  • マクロビオティックを家族とシェアする

  • 調理技術を上達させ、マクロビオティックの手法を応用した新たな調理法を学ぶ

 中級コースは、24のセッションで構成されており、合計48時間におよぶ講義と12の参加型クッキングクラスから成っています。1日のスケジュールは基本的に11時から6時までで、このなかにはランチが含まれます。そしてこのスケジュールが12回にわたって行われます。このコースでは、170ページの教科書と90以上のレシピが配給され、終了時には卒業証書が手渡されます。

コースの概要

​講義

レッスン1

  1. 食事と健康に関する科学的な証拠を検証する

 ・現代食と人々の健康状態の悪化との関係

 ・植物性ベースの食事による疾病の予防

 

レッスン2

  1. マクロビオティック食の健康効果

 ・ナチュラルな植物性食物の有効性を示す科学的な証拠

 ・伝統食の有効性を示す科学的な証拠

 

レッスン3

  1. 陰陽のバランスをとって健康を増進させる

  2. 五行(エネルギー変化の5段階)の紹介

 

レッスン4

  1. 木のエネルギー:肝臓と胆嚢

 ・臓器の機能、健康状態の根本原因、食事と生活方法による向上の仕方

 

レッスン5

  1. 火のエネルギー:心臓と小腸

 ・臓器の機能、健康状態の根本原因、食事と生活方法による向上の仕方

 

レッスン6

  1. 土のエネルギー:脾臓、膵臓、胃

 ・臓器の機能、健康状態の根本原因、食事と生活方法による向上の仕方

 

レッスン7

  1. 金のエネルギー:肺と大腸

 ・臓器の機能、健康状態の根本原因、食事と生活方法による向上の仕方

 

レッスン8

  1. 水のエネルギー:腎臓と膀胱

 ・臓器の機能、健康状態の根本原因、食事と生活方法による向上の仕方

 

レッスン9

  1. 感情的な健康による幸せな生活

  2. 生殖器関連の問題と不妊症

 

レッスン10

  1. 健康的な妊娠と安産のための推奨

  2. 現代社会における健康的な育児のためのヒント

 

レッスン11

  1. 氣、チャクラ、経絡によるエネルギー的な身体構造と、それが健康にどう関係しているかを学ぶ

  2. 自己マッサージ(導引)と経絡ストレッチの実習

 

レッスン12

  1. マクロビオティックを伝えていくためのプレゼンテーションと指導

  2. 五行による身体全体の診断法

 

参加型クッキングクラス

 

 中級コースでの調理には、バランスをとって健康を維持するために、食物の持っているエネルギー特性の全体的な学習と、キッチンでの陰陽判断が関わってきます。クッキングクラスは、五行を使った参加型となっており、食材の選び方や、各臓器の機能を改善して氣の流れを取り戻すための調理法を身に付けていきます。また、キッチンで効率的に動けるようになるための新たな技術を学び、マクロビオティック料理の新たな可能性を見つけていきます。クッキングクラスのなかには、家族全員を対象とした調理法や、漬物、コンディメント、スナックなどのつくり方を学ぶクラスもあります。

 

 

中級コースで学ぶこと

 中級コースでは、初級コースで学んだ見方を深く掘り下げて、新たな世界を学びます。動物性食物、甘い食べ物や飲み物、高度に加工された食品などの現代食が、生活習慣病の発生や慢性病に関係しているという科学的な根拠が、何年にもわたって蓄積されていますので、このコースではこれらを詳しく見ていきます。そして、全粒穀物、新鮮野菜、豆類、大豆製品、海藻、フルーツなどを中心としたホールフード植物性ベースの食事が、慢性病を予防し、健康を促進するという科学的な結果もすでに出ています。

マクロビオティックのホールフード植物性ベース食から得られる恩恵を享受しましょう

68-1.jpg
orga copy.jpg

 その次には、生産される食物の質は年々どう劣化していくのかや、その劣化が私たちに与える影響について理解し、食物の質に関する問題についてさらに詳しく学んでいきます。また、農法の変化によって土壌が劣化することで、食物からの化学物質や有毒物質の摂取増加や、ミネラルなど食物中の重要な栄養素の低下が起こっていますが、これらの懸念についても考えていきます。そして、オーガニックの食物や化学物質を使わずに生産した地元産の食材を多用することなど、これらの悪影響を好転させるための行動についても考えていきます。

 マクロビオティックは、伝統的な食文化のなかでの健康的な面を奨励してきました。本来この考え方が出てきたのは、人々の食べ方が現代的になり始めた頃から私たちの健康が悪化していき、慢性病が増え出すのを目の当たりにしたからです。食物の割合を変えること以外では、家庭料理を出来合いの料理や外食から地元の新鮮な食材を使った料理に替えるといった、新たな食習慣を取り入れました。そして、より伝統的でよりナチュラルな食べ方に戻ると、健康に良い結果が出始めたのです。

02c_med.png

 中級コースで取り上げられている食事と健康では、伝統的な食文化をさらに詳しく見ていき、マクロビオティックの観点からは何が一番重要な要素かについて考えていただき、いくつかの答えを導き出したいと考えています。伝統的な食文化について、長年、科学的な調査が集中的に行われている地域は、地中海地域とアジア、とりわけ日本です。これらの地域は、「ブルーゾーン(blue zones)」と呼ばれる場所にありますが、これはこの地球上で、ほかのどの地域よりも健康で長生きな地域を意味しています

02c_asia.png

 現代のマクロビオティックは、日本とアジアの伝統的な食文化に見られるさまざまな健康に良い要素を、世界中に紹介し広めてきました。そしてこのコースでは、日本とアジアの伝統的な食文化のなかのどの部分が、こんにちの健康状態に対応できるのかを突き止めていきます。このコースのなかでも特にこの部分は情報量が多く、多くの科学的な研究や調査を取り上げますが、そのなかには、マクロビオティックで使われている食事ガイドラインの基本的な点を、栄養学の視点から支持している研究もあり、そうした研究者たちは個人的にもマクロビオティックを実践しています。

 中級コースのなかで最も重要な部分のひとつには、食事やライフスタイルなどの自然な方法を使って、疾患を予防し、健康を回復し、維持するという、マクロビオティックのアプローチによる包括的な検証が挙げられます。自分の健康を自分の手中に取り戻したいと考えている人にとってこれは、特に興味をそそられる点でしょう。また、多くの症状や疾患の根本原因を解明するための考え方や、食事やライフスタイルを使ってそういった問題に取り組むための具体的な方法なども含まれています。そして私たちは、バランスを取り戻すという結果を確実に導き出すために、エネルギーによる見方も使っています。

 

 これを習熟するためには、陰陽理論の深い理解と応用が必要となってきます。具体的な例としては、特定の健康状態を陰陽で判断することができ、食物を陰陽で見分けられ、陰あるいは陽の要因にしたがって調理法や食べ方に適切な修正が加えられることなどが挙げられます。このコースでは、私たち講師がその見方を説明し、生徒たちとともに検証し、実際に調理で使ってみることをします。

organ.jpg

 もしあなたが、自分の健康を上手に管理したいのならば、自分自身についてより深く知る必要があります。この中級コースでは、各臓器ひとつずつに時間を割いて、それぞれの機能やその重要性について学びます。クラスでは、それぞれの臓器に関連した最も一般的な症状や疾患を見ていき、マクロビオティックの見方を使って、その問題を創り出している可能性のある食事、ライフスタイル、環境からの要因を特定していきます。またそれぞれの臓器の疾患ごとに、その健康状態を診断する方法や、陰陽の観点からの診断方法なども学びます。そして、食事やライフスタイルなどの自然な手段で、さまざまな健康状態や疾患を改善し、緩和する方法も学びます。

 この中級コースでは、感情についても学びますので、気分を改善して前向きな気持ちにする方法も探究していきます。ホリスティック(全体観的)な見方では、身体と感情や心は、別々のものではありません。東洋医学では、異なった感覚や感情、精神状態は、特定の臓器と関連していると見ます。そして私たちが、自分の肉体や臓器のケアの仕方を学んでいけば、その原理を感情や精神状態にも当てはめれるようになり、良い方向へと変えることができるようになるのです。

 

 

 食物は、血液の質に直接影響を与えますので、細胞や組織、臓器や身体全体にも影響を及ぼします。これが、私たちが適切な食物で身体を養えば、健康の改善をすぐに感じることができる理由です。食物にはエネルギーも含まれています。そしてそのエネルギーが、一旦私たちの体内に解き放たれてしまえば、すべてがつながっていますので、心や感情にもさまざまなかたちで影響を与えます。つまり、適切な食物は、肉体同様、心や感情にも好ましい結果を表すとも言えるのです。また、前向きな気持ちは身体に良い影響を与え、その反対に、怒りや心配、不安などの悲観的な気持ちは、健康を蝕む傾向にあります。つまり全体としての健康を改善するためには、身体と感情や心の両サイドから働きかけるのがベストなのです。

04a_Level2_03.png

 東洋文化など多くの伝統文化の中核は、エネルギーの概念であり、生命の捉え方にあります。日本ではこのエネルギーをキ(氣)と呼び、中国ではキあるいはチ、韓国ではゲ、インドではプラーナと呼び、西洋でもライフフォース、イーサー、エレクトロマグネティズムなどさまざまに呼んで認識してきました。中級コースでは、生命や私たち自身をエネルギーの観点から理解できるようにしていきます。これには、チャクラ(エネルギーのセンター)や経絡(エネルギーの流れ)など人体のエネルギーシステムに慣れ親しんでいただくことも含まれています。

 私たちの体内での氣の流れ方は、健康と密接に関係しています。日本人は病気と書きますが、これは「氣が乱れている」を意味しており、「バランスを欠いた氣の流れ」と解釈することができます。人々は伝統的に、身体が病気であるとは見ておらず、むしろその人の氣の流れが乱れていると見ていたのです。一方、元気は健康を表す言葉です。文字通りに読めば「元の氣」ですが、活力の元、健康の元、生命の元を暗示しています。

 健康を促進するために、食物や調理で氣を調整する方法を学ぶほかには、氣の流れを調整するためのシンプルな動きやボディワークもこの中級コースに含まれています。その例としては、心身の調整や緊張の緩和、ストレスマネージ、柔軟性の維持、氣のスムーズな流れ、活力の増強などのための、経絡ストレッチやセルフマッサージなどに代表されるテクニックがあります。

マクロビオティックは家族全員のためであり、

すべての年齢層に対応しています

 マクロビオティックの学習が深まっていき、人にも知られるようになっていけば家族にも勧めたいと考える人も出てきます。中級コースには、家族に関する重要な情報が数多く含まれており、家族のケアの仕方についての私たちの経験やマクロビオティックの見方をシェアしています。家族の健康や幸せを高めるのに、食物や調理、ライフスタイルがベースとなることは言うまでもないでしょう。そしてこのコースで学んだことはすべて、家族一人ひとりにも使えるのです。しかしこの他にも、男女の違いや各自の必要性、不妊症、健康的な妊娠、自然分娩、授乳、幸せな育児、健康的な成長などを細部にわたって説明していきます。

 中級コースの調理では、自分の健康をケアできるようにするなど、特定のテーマに焦点を合わせたクッキングクラスやワークショップの情報量が多くなってきます。これには、食物の選択や調理法での陰陽の応用が主体となります。これによって、調理で全体のバランスが取れるようになるだけでなく、身体を丈夫にする料理やリラックスさせる料理のつくり方も学べ、体温も保てるようになり、そしてエネルギーの流れが維持できるようになり、特定の臓器に効く簡単な料理や飲み物がつくれるようにもなりますので、多くの症状を緩和できるようになります。

 また、家族全員のために調理する方法や、家族全員のケアの仕方にも焦点を当てています。これには、妊娠中、出産後、授乳期、離乳食期などを考慮した調理や提案、および現代食の代わりとなるような健康的な料理を使って家族の食習慣を改善するためのアイディアやヒントも含まれています。

 また、あなたの調理技術を高めて、パスタや麺類のほか、クッキーやスコーンなどのスウィーツやスナックなど健康的な小麦粉製品を自分でつくれるように、料理の可能性を広げる手助けもしています。グルテンの入っていない米粉などでグルテンアレルギーにも対応しています。

 このコースでは、ホームメイドの漬物やさまざまなコンディメント(ふりかけなど)のつくり方も教えています。漬物などの発酵食品は消化酵素や善玉菌の宝庫ですので、マクロビオティックの食べ方では重要な役割を担っています。自然に発酵させた食品には、食物の消化吸収を助け、消化器官や腸内細菌叢(そう:集団)を健康に保つ自然な促進物質(probiotics)が含まれています。コンディメントは、全粒穀物や料理に合わせる美味しい補助食品であるだけでなく、吸収が容易なミネラルやビタミンが含まれた自然なサプリメントなのです。